[研究]ストーリーベースで家族と進捗を共有する健康アプリ

Academic/Papers

健康についての取り組みも他人や家族と共有することで、やる気になったりするものですよね。こうした人との成果の共有もゲーミフィケーションの要素と言えます。下記の研究では、健康、フィットネスへの取り組みをアプリ内で家族と、ストーリー形式で共有することができます。

 

Storywell: Designing for Family Fitness App Motivation by Using Social Rewards and Reflection

学会:ACM CHI 2020

著者:Alexander Michael,(University of Bath, UK )

 

この研究のリサーチクエスション は

RQ1:ソーシャルリワードが健康アプリを使用する保護者などにどのように影響を与えることができるか。

RQ2:社会経済的地位の低い家族にとって、健康アプリのエンゲージメントに対する障壁は何か?

といったものです。

この研究では、家族同士で自分の取り組みの進捗などをシェアし、それにあわせてアプリ内のキャラクターが行動していきます。ロールプレイングゲームのような形です。自己決定理論に基づいてユーザーのモチベーションに寄り添った形での家族向けフィットネスアプリ「StoryWell」を作りました。

結果として下記のような3つのタイミングにおいては社会的地位の低い保護者でも満足度が高まると結論づけています。

  • 結合・・・時間を共有しているときに、保護者が子どものポジティブな感情に気づいた瞬間。
  • 発見・・・保護者価値を追求する子供たちのニーズを観察した瞬間。
  • 教育・・・保護者が、自分の行動が子どもの目標に向かう姿勢や行動に関して協力できたと感じられた瞬間

この研究の研究者は、以上のような観点で、健康アプリでソーシャル要素を積極的に活用していくことを提案しています。家族との連携とは時として子供にとっても親にとってもモチベーションにつながる要素になり得るようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。